ここからページのコンテンツです
平成29年 7月 31日

太良町定住促進住宅整備事業(PFI)向けの融資契約の締結について

 佐賀銀行(頭取 陣内 芳博)は、「太良町定住促進住宅(畑田(はたけた)地区)整備事業」(以下:本事業)に参画される太良町駅前定住促進株式会社(代表取締役 中島 雅人(なかしま まさと)、以下:同社)様と、本事業の施設整備資金に係る融資契約を締結しましたので、お知らせいたします。
 当行は本事業の発注者である太良町とも連携し、同社への金融支援を通じて地域課題の解決、地域経済の活性化に貢献いたします。政府はPFIの活用を推進しており、今後県内では同手法による公共施設整備事業の増加が想定されます。
 当行は、これらの事業に参画し地方創生に取り組んでまいります。

1.事業の概要等
事業の名称 太良町定住促進住宅(畑田地区)整備事業
事業の目的 太良町は、「太良町まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき※PFI法を活用し、民間のノウハウによる質の高いサービスの導入や町財政の平準化等を図りつつ、子育て世代を主軸とした中堅所得者向け定住促進住宅(共同住宅40戸)を、利便性の高い多良駅西側用地(太良町大字多良1717番地1 他)に供給します。これにより、快適な住まい環境を創出し、太良町の定住人口の増加や地域の活性化を図ることを目的として実施されます。
総事業費 約10億9百万円
事業期間 事業契約締結日から平成60年3月31日まで
事業スキーム等 別紙のとおり
  1. ※PFI(Private Finance Initiative)とは、PFI法(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律)に基づき、民間の資金と経営能力・技術力(ノウハウ)を活用し、より効率的な質の高い公共事業を実施する手法。

  ※別紙:事業スキーム等PDF文書を開きます


2.事業主体について
事業主体 太良町駅前定住促進株式会社
(PFIの公募で選定され、平成29年4月に太良町と事業契約を締結)
事業主体への
出資会社
事業主体は下記企業の出資により設立された特別目的会社
①中島建設株式会社【代表企業】(本社:佐賀県鹿島市 代表取締役 中島 雅人(なかしま まさと)
②弓場建設株式会社、他グループ企業2社
(本社:鹿児島県鹿児島市 代表取締役 弓場 昭大(ゆみば あきひろ)
事業主体の
施設整備の
コンセプト
「ふるさと子育てまちづくり」
①ふるさとへ戻りたくなる子育てまちづくり 
②「住戸」ではなく「地域の資産」を創ります
③30年の快適環境づくりのために

3.事業のスケジュール(予定)
 平成29年7月~平成30年3月  本施設の設計・建設・入居者募集業務期間
 平成30年4月         本施設の入居開始

4.融資契約締結日
平成29年7月20日(木)

以 上




営業支援部(百武)
【TEL】0952(25)4565