ここからページのコンテンツです

「メール通知パスワード機能」の概要

平成26年11月3日(月・祝日)より「メール通知パスワード機能」を電子証明書方式のお客さまにも適用させていただき、セキュリティ強化いたします。

1.導入の目的

インターネットバンキング利用者のパソコンにウィルスを感染させてパスワードを盗み取り、不正送金を行う犯罪が全国的に増加しております。このような犯罪からお客様の大切なご預金をお守りし、インターネットバンキングを安全にご利用いただくために、「メール通知パスワード機能」を導入することといたしました。


2.「メール通知パスワード機能」の仕組み

(1)平成26年11月3日(月・祝日)より、メール通知パスワード機能を電子証明書方式のお客さまにも適用いたします。この対応により、今後は法人インターネットバンキングサービスをご利用いただく全てのお客さまにメール通知パスワード機能をご利用いただきます。

(2)対象となられるお客さまが、次表の取引や操作を行われますと、事前にご登録いただいたメールアドレス宛に「数字8桁の使い捨てのパスワード」を通知いたします。取引画面にこれを追加入力して取引を完了していただきます。取引画面に、この「使い捨てのパスワード」を入力しなければ取引を完了できない仕組みとすることでセキュリティ強度を高めます。

(3)メール通知パスワードは、「ログイン」から「ログアウト」までの間だけ有効な「使い捨てのパスワード」です。

「メール通知パスワード機能」の仕組み

【メール通知パスワードの入力が必要なお取引や操作】
取引や操作 詳細
振込振替
(都度指定方式)
都度指定口座(サービス画面上で検索・登録した入金先口座)への振込取引。
〔※事前登録口座(書面で登録申込みされた入金口座)への振込は対象外です。〕
ペイジー収納サービス 民間収納企業への払込み。
〔※国・地公体への税金等の払込みは対象外です。〕
総合振込 承認の際にメール通知パスワードの入力が必要です。
給与・賞与振込 承認の際にメール通知パスワードの入力が必要です。
利用者管理業務
(メールアドレス変更等)
利用者情報を新規登録・変更する際にメール通知パスワードの入力が必要です。

3.本機能のご利用開始の流れ

(1)初回設定(マスターユーザの方に行っていただきます。)

STEP1

マスターユーザの方がサービスへログインされますと、STEP2へ進みます。(電子証明書方式のお客さまへの適用は平成26年11月3日(月)以降となります。)

STEP2

「メール通知パスワード情報設定画面」が表示されますので、メールアドレスをご確認ください。

メール通知パスワード情報設定画面

STEP3

【メールアドレスの変更が不要なお客さま】
①上記画面で「次へ」をクリックすると、登録済みのメールアドレスへ「メール通知パスワード」が送信されます。
②次画面で、メールアドレスを再確認して、通知された「メール通知パスワード」および「確認用パスワード」を入力します。その後、「実行」をクリックします。

メール通知パスワード情報確認画面(メールアドレスの変更が不要なお客さま)

③「メール通知パスワード情報結果画面」が表示されます。登録内容をご確認して「確認」をクリックします。これで設定完了です。

メール通知パスワード情報結果画面(メールアドレスの変更が不要なお客さま)

【メールアドレスを変更されるお客さま】
①メールアドレスを「変更する」にチェックして、新しいメールアドレスを入力(上段・下段2回)します。「次へ」をクリックすると、変更後のメールアドレスに「メール通知パスワード」が送信されます。

メール通知パスワード情報設定画面(メールアドレスを変更されるお客さま)

②次画面で、メールアドレスを再確認して、通知された「メール通知パスワード」および「確認用パスワード」を入力します。その後、「実行」をクリックします。

メール通知パスワード情報確認画面(メールアドレスを変更されるお客さま)

③「メール通知パスワード情報結果画面」が表示されます。登録内容をご確認して「確認」をクリックします。これで設定完了です。

メール通知パスワード情報結果画面(メールアドレスを変更されるお客さま)

(2)実際のお取引での操作(全てのユーザさま)

STEP1

①「メール通知パスワード」が必要な取引(都度指定方式の振込振替、総合振込・給与振込の承認、ペイジー収納、利用者管理業務)を選択。
②登録されたメールアドレス宛に、「メール通知パスワード」が通知されますので、内容をご確認ください。

STEP2

①取引承認時に、これまでの「暗証番号」「確認用パスワード」に加え、「メール通知パスワード」を追加入力して取引を実行します。

実際の取引画面と送信メールイメージ

4.電子証明書方式のお客さまは平成26年10月31日(金)までにご確認いただきたいこと

(1)メールアドレスをご確認ください。

メール通知パスワードの初回登録のお手続きを円滑に進めていただくために、サービスでご登録いただいているメールアドレスを事前にご確認ください。(登録済みのメールアドレスはサービス画面からご確認いただけます。)

【お願い】
①情報を盗まれるリスクが高いため、フリーメールアドレスの使用はお控えください。
②可能な限り、インターネットバンキングで利用するパソコン以外の端末(別のパソコン、携帯電話・スマートフォン等)でメール受信を行ってください。(端末を分けることでセキュリティレベルが向上します。)

(2)確認用パスワードをご確認ください。

メール通知パスワードの初回登録画面では、確認用パスワードのご入力が必要です。パスワードがご不明となられているお客さまは、お早めにお取引店窓口にてパスワード再登録のお手続きをお願いします。
(再登録には、パスワード解除依頼書のご提出が必要です。)

【ご注意ください】
「確認用パスワード」がご不明の場合、メール通知パスワード機能の登録を行えないため、サービスをご利用いただけなくなります。電子証明書方式のお客さまで確認用パスワードがご不明となっておられるお客さまは、平成26年10月31日(金)までにお手続きをお願いします。

(3)電子メールの受信設定について

迷惑メール対策として、メールの受信制限を行われている場合は、次の送信元からの電子メールを受信できるように設定を行ってください。

メール通知パスワードの送信元アドレス

5.メール通知パスワード機能に関するQ&A

質問
メール通知パスワードの利用は必須ですか?
回答
サービスを安全にご利用いただくために、平成26年11月3日(月)より、ID・パスワード方式のお客さまに加え、電子証明書方式のお客さまにも、メール通知パスワードを必ずご利用いただくお取扱いとさせていただきます。

質問
振込振替の際には、必ずメール通知パスワードの入力が必要ですか?
回答
都度指定方式での振込の場合のみ、メール通知パスワードの入力が必要です。振込先を事前に書面で登録していただき「受取人番号」を指定して振り込む事前登録方式では入力を要求されません。
※都度指定方式: サービス画面上で検索・登録した入金先口座への振込取引

質問
総合振込や給与振込の場合にも、メール通知パスワードの入力が必要ですか?
回答
必要となります。取引を承認する画面で、「確認用パスワード」の入力に加え、メール通知パスワードの入力が必要です。

質問
メール通知パスワードを複数のメールアドレスで受信することはできますか?
回答
一人のユーザで登録できるメールアドレスはひとつです。複数のメールアドレスを登録することはできません。

質問
メールアドレスを変更する場合はどうすればよいですか?
回答
メールアドレスの変更は、マスターユーザの方が「管理」メニューから操作を行います。
タブメニューの「管理」をクリックして、「利用者管理」-「利用者情報の管理」から行ってください。
登録されているメールアドレス宛にメール通知パスワードが送信されますので操作画面上に追加入力して操作を完了してください。

質問
メール通知パスワードを記載したメールが届きません。どうすればよいですか?
回答
登録されたメールアドレスに間違いがないか、ご確認ください。

■メールアドレスにお間違いがあった場合
【マスターユーザのお客さま】
①次回ログイン時にメールアドレス訂正画面が表示されますので、そこで正しいメールアドレスに変更してください。
②ご自身のメールアドレスを変更すると利用停止状態になりますので、お取引店窓口で書面による「利用停止解除」の手続きが必要になります。

【一般ユーザのお客さま】
マスターユーザにメールアドレスの変更を依頼してください。

質問
パスワードの通知先メールアドレスとして、「フリーメールアドレス」を利用できますか?
回答
フリーメールアドレスは、パスワードの漏洩などにより外部から簡単に盗み見られてしまうリスクがあるため、法人インターネットバンキングでは利用されないよう注意喚起いたしております。
弊行では、平成26年8月1日より、法人インターネットバンキングに係る預金等の不正な払戻し被害への補償対応を開始しておりますが、フリーメールアドレスの利用は被害補償の減額要件となりますのでご注意ください。

※「Gメール」「Yahooメール」などに代表されるメールサービス。WEB上で登録して簡単に利用できる反面、WEBブラウザから入力するパスワードで簡便に本人確認を行うため、情報流出のリスクがあります。

お問合わせ

佐賀銀行EBサポートセンター0120-23-5050

以上でこのページのコンテンツは終了です