ここからページのコンテンツです
平成30年 7月 30日

「ATMコーナー監視システム」の実用化に向けた取組みについて

 佐賀銀行(頭取 坂井 秀明)は、ATMによる振り込め詐欺を未然に防ぐ対策として、AI(人工知能)カメラを利用した「ATMコーナー監視システム」の実用化に向けて、当行ATMコーナーにカメラ等を取り付けての検証を開始しましたので、お知らせいたします。
 ATMコーナー監視システムは、株式会社オプティム(代表取締役社長 菅谷 俊二(すがや しゅんじ))様と、「金融×IT」分野での様々な取り組みを推進するために締結した「戦略的包括提携」事業の第一弾として取り組んでいる事業です。
 このシステムは、ATMコーナーに設置したAIカメラ(下図①)がATMをご利用されるお客さまを見守り、スマートフォン・携帯電話等で通話しながらATMを操作される動作を画像解析により検知(下図②)し、即座に情報端末にアラート通知(下図③)することで振り込め詐欺の未然防止を図るものです。振り込め詐欺被害からお客さまをお守りするため、当行のATMコーナーで検証を行なった上で、早期の実用化を目指してまいります。
 当行は、今後も株式会社オプティム様とともに、AI、IoT、ブロックチェーン技術を活用し、地域のお客さまへ貢献するソリューションや、銀行業務の効率化を実現するソリューションを創出してまいります。
※②は株式会社オプティム様の有する画像解析技術とNVIDIA Corporation様(米国カリフォルニア州、半導体メーカー)のGPU(画像処理演算装置)を活用しています。

以 上




総合企画部(田辺)
【TEL】0952(25)4553