ここからページのコンテンツです
令和2年 3月 26日

人事制度の改定について

 佐賀銀行(頭取 坂井秀明)は、第16次中期経営計画において、全行員のコンサルティング能力を高めお客さまの将来にお役に立つ良質な金融サービスをご提供することを目指しており、お客さまからの多様なご相談にお応えできる態勢を整備するとともに組織の活性化を図るため、人事制度を改定しましたのでお知らせいたします。
 当行は今後とも、行員の人財育成に注力し、地域経済の活性化に貢献できる銀行を目指してまいります。

1.人事制度改定の主なポイント
(1)専門性の高い業務のプロフェッショナルを目指す人事体系の新設
 高度専門人財を育成し確保するため、高度な資格を保有し専門性のある業務に従事している行員に対する処遇を設定し、営業店等で高度な資格を業務に活かしている行員には資格の難易度等に応じインセンティブを付与します。
 また、高度専門資格の取得を促進するため、資格更新費用を全額補助します。

①高度専門人財に対する処遇の設定
 コンサルティング部門、IT・システム部門、市場運用部門等の本部専門部署において高度専門資格を保有する人財に専門性の高さにより専門S~専門Dの5ランクの処遇を設定します。

【高度専門資格】公認会計士、中小企業診断士、FP1級、社会保険労務士、国際公認投資アナ
        リスト、医業経営コンサルタント、M&Aシニアエキスパート、プロジェクト
        マネージャーなど

【役  職  名】プライム・エキスパート(専門S~B)、ゼネラル・エキスパート(専門C~
        D)

②専門資格を保有する行員へのインセンティブ付与
 上記①のほか、営業店等で高度な資格を業務に活かしている行員には20,000円または10,000円を月例給与に加算します。

(2)役付者(主任)への早期登用による組織の活性化
 若手行員の活性化策として、優秀な行員及び高度専門能力を備えた行員を早期登用するよう昇格基準を見直します。これにより、役付者への昇格に必要な年数が3年短縮され、最短で新卒入行6年目(27歳)で役付者となります。

(3)全員FA営業態勢の構築
 FP資格については、これまで銀行業務の基礎的な資格として取得を推奨してきましたが、早期にコンサルティング能力を身につけるため、FP2級の資格取得を役付者への昇格要件に組入れます。

2.実施時期
 2020年4月1日

 以 上




人事企画部(伊東)
【TEL】0952(25)4556