ここからページのコンテンツです
令和2年 6月 23日

「九州広域復興支援投資事業有限責任組合」を活用した新型コロナ対応支援について

 佐賀銀行(頭取 坂井 秀明)は、2016年7月に株式会社地域経済活性化支援機構(代表取締役 林 謙治はやし けんじ)、以下「REVIC」)、REVICキャピタル株式会社(代表取締役 中井 一郎なかい いちろう))、ロングブラックパートナーズ株式会社(代表取締役 永井 崇志ながい たかし))、その他主な九州内の金融機関等とともに「九州広域復興支援投資事業有限責任組合」(以下「本ファンド」)を設立し、これまで熊本地震からの復興を支援してまいりました。本ファンドについて、今般の新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた事業者さまを支援対象に追加することとしましたのでお知らせいたします。
 今回の変更により、本ファンドを活用し、REVICと共同でコロナ禍の影響を受けた事業者さまに対しても支援を行ってまいります。
 当行は、地域金融機関として、新型コロナウイルス感染症の影響を受けられた事業者さまの支援及び地域経済の再活性化支援を積極的に行ってまいります。

1.変更内容(変更予定日:2020年6月30日)
  変更前 変更後
(1)投 資 期 間 5年間 8年間
(2)目   的 「2016年熊本地震で被災した九州地方の事業者及び地域の復興支援」 「新型コロナウイルス感染症の影響により経営が悪化した九州地方の事業者及び地域の再生支援」を追加
(3)存 続 期 間 2026年7月28日まで 2029年7月28日まで(3年延長)
(4)投資対象先 「2016年熊本地震により被災した九州地方の事業者及び被災した地域を復旧・復興支援する九州地方の事業者」 「新型コロナウイルス感染症の影響により経営環境が悪化した九州地方の事業者」等を追加

2.本ファンドの概要
名    称 九州広域復興支援投資事業有限責任組合
設  立  日 2016年7月29日
ファンド総額 116.9億円
有限責任組合員 株式会社佐賀銀行、株式会社地域経済活性化支援機構、株式会社佐賀共栄銀行、株式会社福岡銀行、株式会社西日本シティ銀行、株式会社北九州銀行、株式会社筑邦銀行、株式会社福岡中央銀行、株式会社十八銀行、株式会社親和銀行、株式会社長崎銀行、株式会社肥後銀行、株式会社熊本銀行、株式会社大分銀行、株式会社豊和銀行、株式会社宮崎銀行、株式会社宮崎太陽銀行、株式会社鹿児島銀行、株式会社南日本銀行、株式会社ゆうちょ銀行
無限責任組合員 REVICキャピタル株式会社、ロングブラックパートナーズ株式会社

以  上




営業支援部(吉川、中森)
【TEL】0952(25)4565