ここからページのコンテンツです
令和3年 3月 30日

ブロック制の深化に向けた取組みについて

 佐賀銀行(頭取 坂井 秀明)は、高度化・多様化するお客さまのニーズや、取り巻く環境に対応できるビジネスモデルの一つとして導入している「ブロック制」について、さらなる実効性向上にむけて、下記のとおり態勢を強化することとしましたのでお知らせいたします。
 当行は、ウィズコロナの中でさらに変容するビジネス環境に迅速かつ柔軟に対応していくため、コンサルティングを起点とする営業態勢を強化し、さまざまな金融サービスやソリューションの提案・提供を通じて、地域経済の活性化に繋げてまいります。

1.ブロック制について
 お客さまに対するコンサルティング機能を一層強化することを目的に、当行の営業店ネットワークについて、9つのブロックに編成した営業態勢とする「ブロック制」を2020年4月に新設しました。
 各ブロックには、専門性が高い分野(事業承継、M&A、医療など)への高い知識や経験を有する担当者を駐在させ、営業態勢を強化しています。

2.ブロック制の深化に向けた主な取組みについて
(1)地域(ブロック)貢献をより反映した評価制度等へ見直し
 現在、お客さまに軸足を置いた外向きの意識を醸成するという観点から、「顧客志向」「対外姿勢/対外調整力」の要素を全層の評価に取り入れていますが、今般、ブロックでの取組みや活動に資する評価や目標に組み入れることとしました。ブロックへの貢献を通じて、地域のお客さまに対するリレーションの強化に繋げ、オール佐銀の態勢を強化していきます。

(2)営業店サポートチームの設置
 店頭態勢の強化ならびに営業店業務のさらなる生産性向上に向け、各ブロックに営業店サポートチームを配置します。サポートチームメンバーについては各営業店から任命し、繁閑差を考慮した柔軟な人員運用で、営業店業務のコンサルティング等の指導を行います。事務・業務レベルの底上げによる店頭営業態勢の強化により、これまで以上に付加価値の高いご提案やサービスの提供に繋げていきます。

(3)ブロック構成店舗の変更
 現在、遠隔地のためブロック編成外の店舗としていた長崎支店、小倉支店、八幡支店を下記のブロックに編成します。地域ネットワークをさらに拡大し、地域のリレーションをさらに強化していきます。

・長崎支店      … 伊万里・佐世保ブロック
・小倉支店、八幡支店 … 福岡中央ブロック

3.改編実施日
2021年4月1日(木)

(為参考)ブロック体系
<現状(2021年3月30日現在)>
※長崎支店、小倉支店、八幡支店、東京支店は遠隔地のためブロック編成の対象外。

<変更後(2021年4月1日より)>
・運用態勢の変更に伴い、神埼エリア(神埼支店・三田川支店)を新設します。
・長崎支店、小倉支店、八幡支店をブロックに編入します。
※東京支店は遠隔地のため、引き続きブロック編成の対象外としています。

 以 上




総合企画部(北島)
【TEL】0952(25)4553