ここからページのコンテンツです
令和3年 5月 27日

ESG投資ファンドの取扱開始について
~企業版ふるさと納税を活用して、佐賀県のSDGs活動を応援します~

 佐賀銀行(頭取 坂井 秀明)は、2021年6月1日(火)から、投資信託の収益を通じて佐賀県のSDGs関連事業に寄附を行う追加型投資信託「グローバルESGバランスファンド」の取扱いを開始しますのでお知らせいたします。
 当行は、2019年10月に「佐賀銀行グループSDGs宣言」を制定し、さまざまな社会活動や地域貢献活動に取り組んできました。近年では「さぎんSDGs私募債『地域の芽 未来の芽・育む債』」の取扱を伸ばし、私募債から得られる収益金の一部を通じてSDGsの観点から社会的課題解決に取り組んでおられる団体様等に寄附を行っております。
 本ファンドは「企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)」を活用した寄附スキームを備えており、佐賀県の金融機関では初めてのスキームとなります。具体的には、委託会社である野村アセットマネジメント株式会社が、当行の本ファンドの販売残高に応じて寄附いたしますので、お客さまはファンドへの投資を通じて、ESG投資および地域経済の持続的発展に貢献することができます。佐賀県にはサッカーJ1のサガン鳥栖の他、各種競技のトップレベルチームが存在しております。2024年には初の国民スポーツ大会が佐賀県で行われることもあり、本ファンドの寄附先としては、佐賀県まち・ひと・しごと創生推進計画のトップアスリートの育成と地域が元気になるスポーツの推進事業への寄附を予定しています。(来年度以降事業名称が変更になる場合があります。)
 当行は、今後も、お客さまとともに地域を支えるサービスの提供に努め、地域とともに豊かで活力のある未来を創り続けてまいります。

1.新規取扱商品   ※商品の概要は別紙のとおりです。
商品名 投資信託委託会社 分類
グローバルESGバランスファンド
【愛称:ブルー・アース】
為替ヘッジなし・隔月分配型
野村アセットマネジメント バランス型

2. 特徴
・ESGの観点から銘柄選定を行い、世界各国の債券、株式、REITへの分散投資を行います。
・当行の販売残高に応じて、委託会社である野村アセットマネジメントが企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を活用し、SDGs関連事業へ寄附いたします。

3.取扱開始日
2021年6月1日(火)

※別紙:商品の概要PDF文書を開きます

以 上




営業統括本部(山口)
【TEL】0952(25)4584