ここからページのコンテンツです
令和3年 5月 27日

コンサルティングサービスの取組み拡充について

 佐賀銀行(頭取 坂井 秀明)は、「地方創生」を推進する地域金融機関として、「事業性評価」を起点としたコンサルティング機能の一層の強化に取組んでおりますのでお知らせいたします。

1.コンサルティングサービスの実績とコンサルファームの結成
○従来のコンサルティング業務から深化させ、高度化・多様化するお取引さまのニーズにスピーディに対応するため、2021年4月に、これまでの営業支援部コンサルティンググループをコンサルファームとして組織改編し、態勢を12名(行員・スタッフ)から19名に増員しました。
○また、19名のうち11名を本店、8名をさぎん福岡ビル(福岡市博多区)に配置することで、より機動的・効果的なコンサルティングサービスを提供する態勢を整えました。
○コンサルファームはお客さまへの総合的コンサルティングサービスを提供する専門部署として、専門人材(公認会計士・中小企業診断士・社会保険労務士等)を配置することで、お客さまの事業の課題解決を支援するとともに、地域社会の活性化に取組みます。
○2020年度はコロナ禍での事業を見直すきっかけとしてITや人事制度を中心にお客さまと対話を行い、コンサルティング相談件数429件、そのうち44件の受注契約となりました。また、事業承継に対する相談も501件お受けしました。

2.人材紹介サービスの取組み拡充(兼業副業への取組み)
○当行では2020年6月より人材紹介サービスを開始し、人材確保のサポートをしておりますが、更にパーソルイノベーション株式会社(代表取締役社長 長井 利仁)が提供する「地域副業プラットフォーム『Loino』」のサービスを開始し、お客さまが抱える経営課題に対して、スキル・ノウハウを持った副業人材をマッチングし、経営上の課題解決のご支援をしていきます。
○お客さまの課題解決に取組むコンサルティングサービスにおいて、課題に対して「ヒト」を採用することで解決したいというニーズは多いものの、希望する人材、コスト等の問題で採用に関して多くの企業が悩まれています。
○一方、コロナ禍を端緒とした都市部の大企業による副業解禁やリモートワークの浸透、働き方改革等により創出された時間を使い、培ったノウハウやスキルを兼業副業に活かしたいと考える個人も増えています。
○当行では今後も、社会の動きや働き方の多様化、求職者の考え方の変化に柔軟に対応した人材紹介サービスを提供してまいります。また、同サービスにより、都市部から地方への人材還流を喚起し、人材の流動化、雇用機会の創出により地方の活性化に繋げてまいります。

<地域副業プラットフォーム『Loino』について>
運営主体 パーソルイノベーション株式会社
内容 経営課題を抱える地方企業と、その課題を解決できる都市部のミドル~ハイレベル人材を、副業人材としてマッチングさせるサービス
利用料 月額8万円より
特色 ①課題解決に必要な期間のみ利用できます。
②副業者は週1回~月1回の、リモートでの勤務です。
③人材が稼動するまで費用はかかりません。
④正社員等常勤雇用契約と比較し、低コストで活用できます。
主な課題例 経営、人事、営業、経理財務、IT、マーケティングなど

※別紙:参考PDF文書を開きます


以 上




営業支援部(宮﨑(泰)・進藤)
【TEL】0952(25)4616<佐賀>
    092(262)7803<福岡>