ここからページのコンテンツです

第16次中期経営計画の策定について


2019年3月28日 

各   位

会 社 名 株式会社 佐賀銀行
代 表 者 名 取締役頭取 坂井 秀明
(コード 番 号 8395 東証第一部、福証)
問い合わせ先 総合企画部長 山﨑 繁行
  (TEL 0952-25-4553)












第16次中期経営計画の策定について
 

 当行は、今後3年間(2019年4月1日~2022年3月31日)の経営戦略の指針となる「第16次中期経営計画」を策定しましたので、お知らせいたします。
 


 

1.テーマ

このまちであなたと・・・ 地域の活力を未来へつなぐ銀行

 長引く低金利環境下、地域銀行は従来のビジネスモデルである預貸金業務や有価証券業務において従前レベルの採算確保が難しい状況に直面しております。
 2017年度では地域銀行106行中、当行を含め54行で対顧客利益(有価証券業務を除いた利益)が赤字となっており、厳しい収益状況が続いています。
 第16次中期経営計画においては、徹底した対顧サービスの拡充と生産性向上による対顧客利益の黒字化達成を最大の目標として掲げ、金融仲介機能の十分な発揮により地域の活性化に貢献していくことを目指します。
 金融仲介機能の発揮は、地域の活性化に貢献するとともに、当行の経営体力増強に資するものであり、経営体力の増強が実現すれば、さらに良質な金融サービスの提供が可能となり、地域経済へ活力を与えることができます。
 全行員のコンサルティング能力を高め、お客さまの将来のお役に立つ良質な金融サービスをご提供し続けることで、「地域活性化」と「当行の経営体力増強」の好循環を確立し、地域の未来へとつなげてまいります。

2.計画期間
  2019年4月1日~2022年3月31日(3年間)
 

3.計画の概要と目標とする経営指標等
  別添の「第16次中期経営計画」をご覧ください。

以 上