ここからページのコンテンツです

地域貢献活動

地域貢献活動の紹介

延べ参加人数:1,918名 河川清掃活動「クリーン河童作戦」

クリーン河童作戦の様子

平成9年8月から環境美化活動の一環として、佐賀市内を流れる多布施川流域の護国神社及び当行研修所周辺の河川清掃を毎年実施。カッパに粉装した行員が胴長を着て川に入って作業することから名付けた「クリーン河童作戦」は、今年で22回目を迎えました。本部及び佐賀市内店舗の行員や家族を中心に毎回約100名が参加し、きれいな川のある環境をつくっていきたいと取り組んでいます。

延べ参加人数:3,777名 県下一斉「ふるさと美化運動」

県下一斉「ふるさと美化運動」の様子

平成5年6月から環境美化活動の一環として、佐賀県と佐賀市主催の県下一斉「ふるさと美化運動」に第1回より毎年参加しており、今回で26回目を迎えました。本部及び佐賀市内店舗の行員や家族を中心に今回約250名が参加し、佐賀銀行本店及び佐賀市内店舗周辺地域の美化運動に、取り組んでいます。

書き損じハガキ・使用済み切手寄贈

書き損じハガキ・使用済み切手寄贈の様子

平成6年5月から各職場に「おもいやりBOX」を設置し、行員及びお客さまに呼びかけて書き損じハガキ・使用済み切手・使用済みカートリッジインクを収集し、佐賀市内のボランティア活動団体(認定NPO法人地球市民の会・佐賀ユネスコ協会・佐賀県ユニセフ協会)に毎年寄贈しています。(累計:書き損じハガキ26,618枚・使用済み切手547.1kg・使用済みカートリッジインク813個・未使用テレフォンカード500枚・使用済みテレフォンカード82,881枚)
※現在、使用済みテレフォンカードは、収集しておりません。

延べ参加人数:1,901名 職場献血

昭和52年10月佐賀銀行献血会を結成し、行員の献血への積極的な参加協力を呼びかけています。特に本部及び事務センターでは職場献血を毎年2回実施しています。



一般財団法人 佐賀銀行社会福祉基金

一般財団法人 佐賀銀行社会福祉基金の様子

佐賀銀行社会福祉基金は、昭和50年の佐賀銀行創立20周年を記念して、社会福祉の充実と地域社会の発展に貢献することを目的に設立されたもので、佐賀銀行役職員から寄せられる寄付金などを加えて運営されています。
佐賀県内の福祉団体などへ助成金を贈呈しており、平成30年度で助成累計は42回・延べ758団体・1億1,597万円となりました。

>>助成金の申請要領(PDF)はこちら別ウインドウで開きます

一般財団法人 佐賀銀行文化財団

平成2年12月、当行の創立35周年を記念し、美術・音楽・演劇等を通して文化の向上を図り、豊かな地域社会づくりに寄与することを目的として、佐賀銀行文化財団を設立いたしました。定期的な各種の催しやコンサートを開催し、多くのお客さまに好評を得ています。今後も、さまざまな文化活動を通して、地域の皆様への文化情報の発信や、若い芸術家の育成など地域文化振興のお手伝いをしていきたいと考えています。

文化催事の開催

ニューイヤーコンサート

ニューイヤーコンサートの様子

新しい年を九州交響楽団の華麗なオーケストラの調べで迎えていただこうと、平成4年1月より毎年開催しているコンサートで、ウインナワルツ・ポルカでお楽しみいただいております。

次回:2019年1月11日(金)
販売開始:2018年12月3日(月)
※満席となり次第終了となります。
チケットは、当行営業店窓口及び佐賀市文化会館でお買い求め下さい。

毎月第2・3水曜日 開催 ウェンズデイコンサート

ウェンズデイコンサートの様子

気軽に音楽を楽しんでいただこうと、平成4年6月から毎月第2・3水曜日のお昼休みに本店の東側ロビーを利用したミニコンサートを開催しております。
※当日駐車場ご利用のお客様は、東側奥の方から詰めて頂くようにご協力お願いします。
>>出演者(含む予定者)一覧はこちら別ウインドウで開きます

文化に関する人材育成

『佐賀銀行文化財団 新人賞』の贈呈

『佐賀銀行文化財団 新人賞』の贈呈の様子

文化に関する人材育成の一環として、佐賀県内在住もしくは佐賀県出身の将来性豊かな若い芸術・創作活動家に賞および副賞を贈り、その活動を称揚しております。平成30年2月には、辻浩喜(陶芸家)、宮原千春(ピアニスト)の2名の方が、新たに加わり、これまで66名の方々が「新人賞」を受賞されました。
この賞が若い芸術家の方々にとって大きな励みとなり、その活動が活性化されることで、ますます地域文化が発展していくことを願っております。
>>受賞者一覧はこちら別ウインドウで開きます



関連項目

以上でこのページのコンテンツは終了です