ここからページのコンテンツです

ソフトウエアキーボードの導入について

インターネットバンキングのセキュリティ強化の一環として、「ソフトウエアーキーボード」を導入いたしました。

ソフトウエアーキーボードとは

ソフトウエアキーボードとは、パソコンのキーボードを使用しないで、画面上に表示されたキーボードをマウスで1文字ずつクリックすることで、パスワードや暗証番号の入力を行うものです。
ソフトウエアキーボードをご利用いただくことで、キーボードからの入力情報を盗み取るタイプのスパイウエア(キーロガー型)からお客さまのパスワードや暗証番号を守ることができます。

ただし、スパイウエアは「キーロガー型」以外のタイプが存在しますので、「ソフトウエアキーボード」のご利用に加え、市販セキュリティソフトの導入、パスワードの定期的な変更等のセキュリティ対策を併用して実施されることをお勧めいたします。

スパイウエアとは、ダウンロードや電子メール等を介してパソコンに不正にインストールし、パスワード等の個人情報を不正に取得して外部に送信してしまう悪意のソフトウエアの総称です。

ソフトウエアキーボードのご利用方法

  1. 画面上の「ソフトウエアキーボードを開く」をクリックすると、「ソフトウエアキーボード」が表示されます。
    画面イメージ

  2. パスワードを1文字ずつマウスでクリックして入力してください。

  3. 入力が完了したら、「決定」をクリックしてください。
    画面イメージ
    【ボタンの説明】
    • 1文字クリア:入力した文字を1文字消却します。
    • 全てクリア:入力した文字を全て消却します。
    • 決定:パスワード入力完了後クリックしてください。入力した内容をパスワードとして反映します。
    • 閉じる:ソフトウエアキーボード画面を閉じます。

対象サービス

  1. さぎんインターネット・モバイルバンキングサービス
  2. さぎん法人インターネットバンキングサービス
このウィンドウを閉じる