ここからページのコンテンツです

初めての投資信託

いま話題の投資信託。少額からチャレンジでき、運用はプロにまかせられることが、投資初心者の方にも人気の理由です。正しい知識を身につけて、いよいよ投資家デビュー!

投資信託のメリット

少ない金額から気軽にはじめられます。

通常、投資にはある程度まとまった資金が必要となりますが、投資信託は多くの投資家から資金を集めるので少ない金額から手軽に始めることができます。
→ 月5千円から投資家デビューできます。まずは自分の貯蓄タイプを診断しましょう!

リスクを分散して投資することができます。

投資の基本は投資対象を分散し、リスクを小さくすることです。
投資信託では小口の資金では難しい分散投資が可能となりますのでリスクの軽減が期待できます。

投資のプロによって運用されます。

個人のお客さまがご自身で投資対象や投資環境についての必要な専門知識や情報を入手することは難しいものです。投資信託は投資家(お客さま)に代わって投資のプロフェッショナルが情報収集および投資対象の選定を行ない運用します。

さまざまな種類から自分にあった商品を選べます。

投資信託には、運用対象の異なる様々なタイプの商品(ファンド)があります。ご投資の目的と許容できるリスクの程度等のお考えに合わせて、ご自分に合った商品を選ぶことができます。
→ 3つの質問に答えるだけ!自分にピッタリのファンドが見つかります。



初めての方におすすめ


投資信託のしくみ

投資信託は、多くの投資家(お客さま)から集めた資金を1つにまとめ、運用の専門家が債券や株式などで運用し、その成果を投資家に還元する金融商品です。
さぎんは窓口として、お客さまへ商品に関する説明やアドバイス、市場情報の提供や資金の受け渡しなどを行ないます。

お客さま、さぎん、投信会社、信託会社の仕組み図


リスクについて

一般に、「ハイリスク・ハイリターン」と言われるように、リターンをより高く期待する場合はそれだけ高いリスクを負わなければなりません。

現在のリスク、リターンの状況を確認してみる → リスク・リターンチャートを見る

投資信託のリスクは下記に限定されるものでありませんが、リスクを理解し、自分の投資スタイルにあった商品を選ぶことが大切です。



為替変動リスク

外国為替相場の変動により外貨建資産の円換算価格が変動するリスクをいいます。
一般に投資している国の通貨に対して円高(円安)になれば基準価額の下落(上昇)要因となります。

株価変動リスク

世界情勢や経済環境、社会状況等により基準価額が変動するリスクをいいます。一般に、債券の価格は、信用力や市場金利の変動等の影響を受けます。一般に、株式の価格は、個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等に影響を受けます。一般に、不動産の価格は、政治や経済情勢、市場の需要等に影響を受けます。

金利変動リスク

金利変動により債券価格が変動するリスクをいいます。
一般に金利が上昇(下落)した場合は、債券価格は下落(上昇)し、基準価額の下落(上昇)要因となります。

信用リスク

有価証券の発行体が財政難、経営不振、その他の理由により、借金等をあらかじめ決められた条件で支払うことができなくなるリスクをいいます。
一般にこのような信用リスクが生じた場合またはそれが予想される場合には、有価証券の価格は下落し、基準価額が下落する要因となります。

リートに関するリスク

経済情勢の変化、不動産市況(不動産価格、賃貸相場、空室率)等によりリート(不動産投資信託)の価格が変動するリスクをいいます。
一般に不動産市況が悪化(改善)した場合には基準価額の下落(上昇)要因となります。また、火災、自然災害等、リートに関する法制度(税制、会計制度等)の変更、金利動向なども価格に影響を与え、基準価額の変動要因となります。

流動性リスク

組入れ有価証券を売却する際に市場動向や取引量等の状況によっては取引ができなかったり、通常よりも著しく不利な価格での取引を余儀なくされたりするリスクをいいます。
一般にこのような流動性リスクが生じた場合は、基準価額が下落する要因となります。


カントリーリスク

投資対象となる国と地域によっては、政治・経済情勢が不安定になったり、証券取引・外国為替取引等に関する規制が変更されたりする場合があります。さらに、外国政府が資産の没収、国有化、差押えなどを行なう場合もあります。これらの場合、ファンドの基準価額が下落するおそれがあります。

MLPリスク

MLP(マスター・リミテッド・パートナーシップ)の多くは、エネルギー、天然資源に関わる事業を主な投資対象とするため、事業を取り巻く環境やエネルギー市況の変化、金利変動等の影響を受け価格が変動します。これらの影響により、ファンドが実質的に投資しているMLPの価格が下落した場合には、ファンドの基準価額が下落し投資元本を割り込むことがあります。



投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」

インターネットで投資信託の購入や解約、お取引照会のサービスなどが24時間365日いつでもご利用いただけます。 投資信託のお取引口座を開設していただくことも可能です。

投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」




佐賀銀行の普通口座をお持ちですか?



取扱ファンド一覧はこちらからご覧いただけます。

取扱ファンド一覧

すでに「らくらくe投信」のログインIDをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

お申込みがお済の方

窓口ではさらに詳しいご説明をいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

店頭でのご相談

商品についての詳しい資料をご用意しております。ご請求はこちらからどうぞ。

資料請求




以上でこのページのコンテンツは終了です