ここからページのコンテンツです

決済用普通預金

預金保険制度により全額保護される預金です。自由に出し入れができ、自動支払い、自動受取り、自動積立に利用できる財布代わりの預金です。
現在ご利用中の「普通預金(または総合口座)」を「決済用普通預金」へ変更する手続きをしていただくだけで、そのままご利用できます。
また、新たに「決済用普通預金」の口座を開設することもできます。

決済用普通預金の特徴

お預入れ期間 お出し入れ自由
お預入れ金額 1円以上

普通預金から決済用普通預金に変更しても安心

  • 口座番号が変わらないので、給与・年金のお受取りや公共料金等の自動引き落としの変更手続きは不要です。
  • キャッシュカードもそのままご利用頂けます。
  • 「決済用普通預金」としての取扱日以降はお利息がつきません。
  • 「総合口座」の場合は、普通預金部分のみが決済用普通預金となり、定期預金に関わるお利息のお取扱いは変更ございません。
  • 「決済用普通預金取扱依頼書」に貼付する印紙代200円のご負担が必要となります。
平成23年8月現在

お申し込み・ご相談

お手続きに必要なもの
決済用普通預金のお手続きには下記をご準備の上、お近くの店舗窓口へお越しください。
  • 印鑑(新規の場合)
  • 本人確認資料(新規の場合) ※運転免許証や保険証、パスポートなど住所・氏名・生年月日が確認できるもの
  • 印紙代200円