ここからページのコンテンツです

法人インターネットバンキング【ログイン前にご確認ください】

PhishWall(フィッシュウォール)

重要なお知らせ

重要 法人インターネットバンキングサービス
Windows10(基本ソフト)のバージョンアップに伴う、「電子証明書方式」ログイン操作の一部変更について

マイクロソフト社では、平成28年8月2日(火)より、Windows10(基本ソフト)のバージョンアップを実施する予定です。
マイクロソフト社の本対応により、以下の環境で弊行法人インターネットバンキングサービスをご利用のお客さまに限り、サービスへログインされる際の「電子証明書の選択操作」が一部変更となりますのでご案内申し上げます。
サービスご利用者さまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

1. 本件の対象となるお客さま
 1台のパソコンに、2枚以上の電子証明書を発行して、法人インターネットバンキングサービスをご利用のお客さま

   (ご使用例)
  1. ・マスターユーザ(管理者)と一般ユーザ(ご担当者)がそれぞれユーザ権限をお持ちで、1台のパソコンでサービスをご利用の場合
  2. ・複数の関連企業の法人インターネットバンキングサービスを1台のパソコンで管理するため、複数企業用の電子証明書を1台のパソコンに発行されている場合

2. サービス操作の変更点
 前項に該当される場合、Windows10がバージョンアップされた後は、電子証明書の選択ウィンドウに電子証明書が「1枚のみ」表示されるようになります。
 この場合は、ウィンドウ左下の[その他]ボタンをクリックしていただきますと、その他に格納されている電子証明書の情報が画面表示されますので、ログインに必要な電子証明書を選択の後にログインしてください。

3. マイクロソフト社のWindows10バージョンアップ(AnniversaryUpdate)の開始予定日
  平成28年8月2日(火)以降

以上

◆サービスの操作方法などご不明の点がございましたら、佐賀銀行EBサポートセンターまでご相談願います。
  佐賀銀行EBサポートセンター
  フリーダイヤル 0120-23-5050(②番を選択)
  (受付時間:平日9時~18時)

ワンポイント セキュリティ強度を更に高めるための<メール通知パスワード>の活用方法

ご利用いただいている「メール通知パスワード機能」は、お客さまのメールアドレス宛てに通知される「使い捨てのパスワード(ワンタイムパスワード)」をご使用いただくことで不正送金犯罪を防止するセキュリティ対策ですが、「メール通知パスワードの受信」と「サービスのご利用」を「1台のパソコン」で行われますと、「パソコンの乗っ取り」などの高度な犯罪手法に対抗できない場合があります。(パソコンを乗っ取った犯罪者にメール通知パスワードを盗み見られてしまうリスクがあります。)

このようなリスクに対しては、「サービスをご利用いただくパソコン」と「メール通知パスワードを受信していただく端末」を分離していただく以下の対策が効果的です。

<対策の具体例>

  1. インターネットバンキングで利用されるパソコンとは別のパソコンでメール通知パスワードを受信する。
  2. スマートフォンでメール通知パスワードを受信する。
  3. タブレットでメール通知パスワードを受信する。
  4. 携帯電話でメール通知パスワードを受信する。

※いずれの場合も、情報を盗まれるリスクのある「フリーメールアドレス」はご使用にならないでください。

(ご注意事項)
スマートフォンや携帯電話のご利用者の多くが、迷惑メール対策として電子メールの受信制限設定を行われています。
メール通知パスワードの受信用端末をスマートフォンや携帯電話へ変更していただく場合には、この受信制限設定の有無を事前にご確認いただき、受信制限を行われている場合には当行からの電子メールを受信できるよう、必要な設定変更を行った後にメール通知パスワードの受信アドレス変更を行ってください。

当行の送信元電子メールアドレス

重要 法人インターネットバンキングサービスに係る預金等の不正な払戻し被害の補償対応について(2014.8.1)

法人インターネットバンキングサービスを安心してご利用いただくために、本サービスに係る預金等の不正な払戻し被害について、当行所定の補償限度額の範囲内で補償を行うことといたしました。
※補償の実施には当行所定の条件がございます。

→詳しくはこちらをご覧ください。

重要 (注意喚起)不正アクセス犯罪にご注意ください。(2014.5.30)

インターネットバンキング利用者のパソコンにウィルスを感染させて不正送金を行う犯罪が本年4月以降急増しています。また、複数の金融機関からの報告によりますと、これまで安全と考えられてきた「電子証明書方式」のご利用者でも被害が発生している状況です。
セキュリティ対策の実施については、これまでもお願いして参りましたが、あらためまして以下の対策をご確認いただき、被害発生を未然に防止していただきますようお願い申し上げます。

【お客さまに実施していただきたいセキュリティ対策】

  1. 「ログインパスワード」や「確認用パスワード」を定期的(1~2ヶ月毎)に変更してください。
  2. ウィルス対策ソフトを必ず導入し、最新の状態で稼動させてください。
  3. OS(パソコン基本ソフト)、ブラウザ(インターネット閲覧ソフト)等、各種ソフトウェアは最新の状態で使用してください。
  4. インターネットバンキングで使用するパソコンの使用目的を限定してください。(不審なウェブサイトやメールの閲覧・送受信に利用しないようにしてください。)
  5. インターネットバンキングで使用するパソコンや無線LANのルーター等について、使用されない時は可能な限り電源を切断してください。
  6. 振込取引のデータ作成者(申請者)と取引承認者(管理者)が使用するパソコンを区別しましょう。
  7. 過大な振込限度額を設定されている場合は見直しをご検討ください。
  8. 取引時に当行から送信される「お知らせメール」を必ず確認してください。
  9. トップ画面に表示される「最近のログイン履歴」の確認を励行してください。
  10. 「都度指定方式」で登録した入金先口座を定期的に点検してください。
  11. 電子証明書の正規の手順以外での使用は行わないようにしてください。

重要なお知らせ

法人インターネットバンキング

インターネットバンキング共通





佐賀銀行EBサポートセンター0120-23-5050