ここからページのコンテンツです

教えて!サギン先生 「新興国」とはどんなもの?

教えて!サギン先生 知っておきたい経済ワードを解説

新興国ってなんだろう?(平成24年7月6日配信)

サギン先生

はじめまして!サギンです。

こんにちは!資産運用初心者のシンタです。
私は学生で、サギン先生の元で投資信託や資産運用について勉強中です。

シンタくん
サギン先生

このコーナーを通して、投資や市況に関するマメ知識をお伝えしていければと思います。

わたしはみなさんよりも知識が少ないかもしれないけれど、一生懸命お勉強して、投資信託マスターを目指します!

シンタくん
サギン先生

いい心意気だね。一緒にがんばろう!
このコーナーでは、わたくしサギンがみなさんから寄せられた疑問・質問にお答えします。

では先生、今日は私から質問があります!
投資信託デビューをしたいと思っているのですが、選び方がよくわからなくって・・・。
最近、いろんなところで「新興国」って聞くけど、どのような点で注目されているんですか?

シンタくん
サギン先生

よし、じゃあ!まずは新興国が、どんな国なのかを説明しよう。
一般的に先進国と比較して経済発展の遅く、今後、特定の条件を満たすことができれば、高い成長が見込める諸国と考えられているんだ。
その代表格がBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国)と言われているのさ。

BRICSは、知っていたけど、その他どんな国が新興国に含まれるんですか?

シンタくん
サギン先生

そうだね。
ヨーロッパでは、ポーランド、ウクライナ・・・
中東・アフリカでは、トルコ・・・
アジアでは、インドネシア・・・
中南米では、メキシコ・・・
などがあるよ。

新興国といっても、こんなにたくさんの国があるなんて、知らなかったです!新興国については、わかったけど、何で最近こんなに注目されているんですか?

シンタくん
サギン先生

世界経済の中で確実に存在感を増してきているからだよ。
2000年当時、新興国の名目GDPのシェアは、20.3%(約6.5兆米ドル)が2015年には、39.9%(約33.9兆米ドル)と予想されていて、経済規模が大きくなってきているんだ。

へー。それには、何か要因があるんですか?

シンタくん
サギン先生

人口が一つの要因といえるね。
新興国の人口は、2000年は49.3億人、2030年には70.3億人になると予想されているんだよ。

ふむふむ。

シンタくん
サギン先生

しかも、生産年齢人口(15~64歳)の増加が注目すべきポイント!
生産年齢人口が増加すると、経済規模が増加するといわれているんだ。他には、中間所得層も増加するといわれているんだよ。

そうなんですね。よくわかりました!今日教えてもらったことを参考にこれからもいろいろ情報収集して、勉強していきます!

シンタくん
サギン先生

過去の基準価額の動きや投資対象をチェックしてみるのもいいかもしれないね。

それは気になる!さっそく見てみます!
また、いろいろ教えてくださいね。

シンタくん
このページの先頭へ


新興国とは、一般的に先進国と比較して経済発展の遅く、今後、特定の条件を満たすことができれば、高い成長が見込める諸国。
代表格はBRICS(ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ)。
生産年齢人口(15~64歳)の増加に伴い、経済規模が増加するといわれ中間所得層も増加すると予想されるため今後ますます注目されています。
このコンテンツは「らくらくe投信」をご利用いただいているお客さまに定期的に配信しているメールマガジンに掲載している「教えてサギン先生!」をもとに制作したものです。メールマガジンの購読には「らくらくe投信」のお申込みが必要です。→新規お申込みはこちらこれから「らくらくe投信」にお申込みの方は、こちらからサービス利用申込みができます。

ほかの記事を見る

投資信託の基礎知識   投資信託の選び方・運用方法

知っておきたい経済ワード   NISA(ニーサ)を活用してみよう


投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」

インターネットで投資信託の購入や解約、お取引照会のサービスなどが24時間365日いつでもご利用いただけます。 投資信託のお取引口座を開設していただくことも可能です。

投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」


佐賀銀行の普通口座をお持ちですか?

取扱ファンド一覧はこちらからご覧いただけます。

取扱ファンド一覧

すでに「らくらくe投信」のログインIDをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

ログインIDをお持ちの方

窓口ではさらに詳しいご説明をいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

店頭でのご相談

商品についての詳しい資料をご用意しております。ご請求はこちらからどうぞ。

資料請求
以上でこのページのコンテンツは終了です