ここからページのコンテンツです

教えて!サギン先生 物価が上昇するとどうなるの?

教えて!サギン先生 知っておきたい経済ワードを解説

物価が上昇するとどうなるの?(平成25年4月9日配信)

サギン先生

こんにちは!シンタくん

こんにちは!サギン先生、よろしくお願いします。
先生、最近物価上昇率2%という記事をよくみるんですが、物価が上昇するとどうなるんですか?

シンタくん
サギン先生

シンタくん、物価の上昇はね、お金の価値の目減りを意味するんだよ。
モノの値段が上昇し続けると、同じ金額で買えるモノの量が減ってしまうため、 実質的にお金の価値が減少したことになるんだよ。

それじゃ2%上昇するとどのくらい目減りするんですか?

シンタくん
サギン先生

年率2%で物価上昇が進むと、現在1,000万円の価値は5年後に906万円、10年後に820万円になると試算されるんだよ。

そんなに目減りするんですか!

シンタくん
サギン先生

これまで日本は、物価が下落傾向だったのでお金の目減りを心配する必要がなかったけど、物価上昇が現実味を帯びてくるようであれば、お金の目減りを緩やかにする資産運用などが必要となってくるかもしれないね。

先生、どんな方法がありますか?

シンタくん
サギン先生

物価の上昇はモノの値段が上昇し続けるということなんだ。
一般的に物の値段が上昇していくと早めに購入しようとする意識が高まるよね。消費意欲が高まると企業収益が上がりやすくなる。株価にはプラス要因なんだ。

株式で運用するファンドは魅力ですね。先生、為替はどうなりますか?

シンタくん
サギン先生

シンタくん、通貨はね、物価上昇によってお金の価値が目減りするとさっき説明したけど、目減りするので通貨は下がる要因になるんだよ。

物価上昇を期待して、投資信託を購入するお客さまが増えてきますね。

シンタくん
サギン先生

シンタくん、物価が上昇したから必ずしも投資信託で儲かるものでもないよ。
投資対象の資産価値の上昇が必要なんだ。
いろいろな投資対象に分散して購入してみてはどうかね。

このページの先頭へ


一般的に物の値段が上昇していくと早めに購入しようとする意識が高まります。消費意欲が高まると企業収益が上がりやすくなり、株価にはプラス要因となるため、株式で運用するファンドは魅力的に見えます。
一方、同じ金額で買えるモノの量が減ってしまうため、実質的にお金の価値が減少したことになり、通貨は下がる要因となります。
物価が上昇したから必ずしも投資信託で儲かるとは言えません。
このコンテンツは「らくらくe投信」をご利用いただいているお客さまに定期的に配信しているメールマガジンに掲載している「教えてサギン先生!」をもとに制作したものです。メールマガジンの購読には「らくらくe投信」のお申込みが必要です。→新規お申込みはこちらこれから「らくらくe投信」にお申込みの方は、こちらからサービス利用申込みができます。

ほかの記事を見る

投資信託の基礎知識   投資信託の選び方・運用方法

知っておきたい経済ワード   NISA(ニーサ)を活用してみよう


投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」

インターネットで投資信託の購入や解約、お取引照会のサービスなどが24時間365日いつでもご利用いただけます。 投資信託のお取引口座を開設していただくことも可能です。

投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」


佐賀銀行の普通口座をお持ちですか?

取扱ファンド一覧はこちらからご覧いただけます。

取扱ファンド一覧

すでに「らくらくe投信」のログインIDをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

ログインIDをお持ちの方

窓口ではさらに詳しいご説明をいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

店頭でのご相談

商品についての詳しい資料をご用意しております。ご請求はこちらからどうぞ。

資料請求
以上でこのページのコンテンツは終了です