ここからページのコンテンツです

教えて!サギン先生 積立投信の魅力はどんなもの?

教えて!サギン先生 投資信託の選び方・運用方法について学ぼう

積立投信についておさらいしよう!(平成26年2月13日配信)

サギン先生

こんにちは!シンタくん

こんにちは!サギン先生、よろしくお願いします。

シンタくん
サギン先生

シンタくん、NISAがスタートしたね。NISAを使って投資信託を何か購入したかな。

いえ、まだなんです。以前教わった積立投信に興味があるのですが、おさらいしたくて・・・。

シンタくん
サギン先生

なるほど!最近は各金融機関も、初心者の方でも気軽に始められるから、積立投信を紹介しているよ。

ふむふむ。

シンタくん
サギン先生

積立投信というのは、毎月一定額を同じ日に購入するものなんだ。

「余裕資金は少ないけど将来の資産形成をしたい」とか「購入するタイミングが分からない」という方でも気軽にできるというのが積立投信の魅力だよ。

なんで、一括で購入するより気軽に出来るんですか?

シンタくん
サギン先生

それはね、一括で購入する場合、運良く安いところで購入できたらいいけど、中には高値で購入してしまう場合もある。

その点、積立投信なら購入時期を分散するから、価格を平準化することが出来るんだ。

あっ!ドルコスト平均法だ!

シンタくん
サギン先生

その通り!おさらいをしよう。

基準価額に関係なく、定められた日に一定額ずつ同一銘柄を購入していく方法、それがドルコスト平均法だ。

価格が高いときは少ない口数を買い、安い時には多い口数を買うことになるため、平均購入単価を低く抑えやすいといわれているんだよ。

ふむふむ。

シンタくん
サギン先生

数字を使って説明しよう。

◎一括購入の場合

  ●基準価格1万円で300万円購入 → 300万口取得

◎分割購入(積立投信)の場合

  ●基準価額1万円で100万円購入 → 100万口取得

  ●基準価額1.2万円で100万円購入→  83万口取得

  ●基準価額0.8万円で100万円購入→ 125万口取得

  ●合計300万円購入 → 308万口取得

これがドルコスト平均法の仕組みだよ!

よく分かりました!積立投信、やってみます!

シンタくん
このページの先頭へ


積立投信とは、毎月一定額を同じ日に購入する投資信託のことです。
「余裕資金が少ない」「購入のタイミングが分からない」という初心者の方でも資産形成手段として気軽にできる魅力があります。購入時期を分散する方法により、平均購入単価を低く抑えやすいと言われています。
このコンテンツは「らくらくe投信」をご利用いただいているお客さまに定期的に配信しているメールマガジンに掲載している「教えてサギン先生!」をもとに制作したものです。メールマガジンの購読には「らくらくe投信」のお申込みが必要です。→新規お申込みはこちらこれから「らくらくe投信」にお申込みの方は、こちらからサービス利用申込みができます。

ほかの記事を見る

投資信託の基礎知識   投資信託の選び方・運用方法

知っておきたい経済ワード   NISA(ニーサ)を活用してみよう


投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」

インターネットで投資信託の購入や解約、お取引照会のサービスなどが24時間365日いつでもご利用いただけます。 投資信託のお取引口座を開設していただくことも可能です。

投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」


佐賀銀行の普通口座をお持ちですか?

取扱ファンド一覧はこちらからご覧いただけます。

取扱ファンド一覧

すでに「らくらくe投信」のログインIDをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

ログインIDをお持ちの方

窓口ではさらに詳しいご説明をいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

店頭でのご相談

商品についての詳しい資料をご用意しております。ご請求はこちらからどうぞ。

資料請求
以上でこのページのコンテンツは終了です