ここからページのコンテンツです

教えて!サギン先生 毎月分配型、1年決算型とはどんなもの?

教えて!サギン先生 投資信託の選び方・運用方法について学ぼう

毎月分配型と1年決算型の違いは?(平成26年4月10日配信)

サギン先生

こんにちは!シンタくん

こんにちは!サギン先生、今日もよろしくお願いします!

シンタくん

ところで、先生。最近『1年決算型』というファンドをよく見かけるんですが・・

シンタくん
サギン先生

いい質問だね。
では、シンタくん、今日は『毎月分配型』と『1年決算型』の違いについて勉強しよう!!

先生、毎月分配型と1年決算型どちらを選んだ方がいいんですか?

シンタくん
サギン先生

答えは簡単だよ。
分配金を受け取りたいのか?受取る必要がないのか?
そう、生活スタイルに合わせて選べばいいんだよ。

そうであれば、うーん。
ぼくは、将来の資産形成として運用したいので、すぐに受取らない方がいいかな。

シンタくん
サギン先生

シンタくん、運用効率で考えるとそれは正しいね。
分配を行わないタイプは運用益が複利で運用されるため資産のプラス効果が大きくなり、資産の成長面で運用効率がいいと言えるね。

そうなんですね!

シンタくん
サギン先生

それとね、課税口座で運用する場合は、決算の頻度によって、課税の回数も増えるのでこの点を考えても1年決算型の方が有利になるね。

なるほど、そうなると毎月定期的に分配金が入るのが楽しみ!と思われている方が多いと思いますが、運用効率で考えると、1年決算型も魅力的なファンドなのですね。

シンタくん
サギン先生

そうなんだ、シンタくん。
つまりは
  毎月分配金を受け取りたいのか?
  運用効率を上げるために決算回数の少ないファンドを選択するのか?

購入する際に十分検討する必要があるということだね。

はい、わかりました。

シンタくん
サギン先生

また、検討する際には投資信託説明書(交付目論見書)に書かれている『分配方針』と『分配の推移』をしっかり確認しておきたいね。

先生。では、これをNISAで運用した場合はどうなりますか?

シンタくん
サギン先生

シンタくん、またまた、いい質問だね!
NISAを利用する場合、利益がでてはじめて非課税の恩恵を受けるよね。

はい。

シンタくん
サギン先生

ただし、毎月分配型ファンドの場合、1ヶ月の運用期間中に得られた収益以上に分配を出す場合があるのだが、この元本払戻金、いわゆる特別分配金といわれているものはもともと非課税なのだよ。

そうすると、NISAの恩恵を受けないということですか?

シンタくん
サギン先生

そう、その通り。だんだんわかってきたね。

なるほど。
自分の生活スタイルに合わせて投資を考えることが大事なのですね。

つまりは、投資は生活の一部ということですね。勉強になりました。

シンタくん
このページの先頭へ


投資をする場合は、分配金を受け取りたいのか?分配金を受取らずに資産を成長させるのか?自分のライフスタイルに合わせた投資を考えることが大事です。
  「毎月分配型」は、分配金を受け取れる楽しみがあります。
  「1年決算型」は、運用益が複利で運用されるため資産の運用効率が良い点が魅力です。
このコンテンツは「らくらくe投信」をご利用いただいているお客さまに定期的に配信しているメールマガジンに掲載している「教えてサギン先生!」をもとに制作したものです。メールマガジンの購読には「らくらくe投信」のお申込みが必要です。→新規お申込みはこちらこれから「らくらくe投信」にお申込みの方は、こちらからサービス利用申込みができます。

ほかの記事を見る

投資信託の基礎知識   投資信託の選び方・運用方法

知っておきたい経済ワード   NISA(ニーサ)を活用してみよう


投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」

インターネットで投資信託の購入や解約、お取引照会のサービスなどが24時間365日いつでもご利用いただけます。 投資信託のお取引口座を開設していただくことも可能です。

投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」


佐賀銀行の普通口座をお持ちですか?

取扱ファンド一覧はこちらからご覧いただけます。

取扱ファンド一覧

すでに「らくらくe投信」のログインIDをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

ログインIDをお持ちの方

窓口ではさらに詳しいご説明をいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

店頭でのご相談

商品についての詳しい資料をご用意しております。ご請求はこちらからどうぞ。

資料請求
以上でこのページのコンテンツは終了です