ここからページのコンテンツです

教えて!サギン先生 債券とはどんなもの?

教えて!サギン先生 知っておきたい経済ワードを解説

債券ってなんだろう?

サギン先生

こんにちは!シンタくん

こんにちは!サギン先生、よろしくお願いします。

シンタくん
サギン先生

シンタくん、投資信託についていろいろ勉強してきたけれど、その中でも債券型投資信託の主な構成要素である“債券”について今日は注目してみよう!

債券ですか?
債券型の投資信託って結構種類がありますよね・・・

シンタくん
サギン先生

そうだね、そもそも債券は個人の資産運用先では株式とともに有力な投資先でもあるんだよ。

そうなんですね。

シンタくん
サギン先生

株式は、企業の業績により株価が浮き沈みするよね。
一方で債券は5年10年という返済期限や支払う金利が決まっていて、原則最後まで変更しないのだよ。

期限や金利が決まっているって、何か安心ですね。

シンタくん
サギン先生

そうだね、だから債券はインカム収益(利息収入)がはっきりしていて、債券に投資している投資信託では分配金が出しやすいという特性があるね。また、比較的値動きが安定しているのも特徴だよ。

債券型の投資信託っていいこといっぱいですね。

シンタくん
サギン先生

ただ、債券にはおさえておきたいポイントとして債券価格と金利の関係があるのだよ

確かに、よく新聞記事で“長期金利が上昇し、債券価格は下落”なんて見かけますよね。

シンタくん
サギン先生

そう、債券価格について説明すると、例えば額面100万円、利率が5%の条件の債券が市場の金利が上昇すると、保有している債券の魅力は落ちてしまう。
すると、債券の価格は発行時の価格を下回るということもあるのだよ。

そうか、債券の場合も価格変動リスクがあるのですね。

シンタくん
サギン先生

そうなんだ。最近、米国のほうでは金利引き上げのタイミングがよく話題になっているので金利と債券価格の関係は是非とも覚えておいてね。
それに、国の政策金利の違いでも債券価格は違ってくるから、いろいろくらべてみるといいよ。

はい。チェックしてみます!
債券に投資している投資信託の数が多いので、リスク・リターンチャートで見くらべてみようと思います!

シンタくん
このページの先頭へ


債券は、返済期限や支払う金利が決まっていて、原則最後まで変更されないため、定期的なインカム収入(利息収入)を期待することができます。また、比較的値動きが安定しているのも特徴です。
しかし、“金利が上昇すれば価格は下落する”という価格変動リスクもあります。
金利と債券価格の関係を必ずおさえておきましょう。
このコンテンツは「らくらくe投信」をご利用いただいているお客さまに配信しましたメールマガジンに掲載している「教えてサギン先生!」をもとに制作したものです。

ほかの記事を見る

投資信託の基礎知識   投資信託の選び方・運用方法

知っておきたい経済ワード   NISA(ニーサ)を活用してみよう


投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」

インターネットで投資信託の購入や解約、お取引照会のサービスなどが24時間365日いつでもご利用いただけます。 投資信託のお取引口座を開設していただくことも可能です。

投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」


佐賀銀行の普通口座をお持ちですか?

取扱ファンド一覧はこちらからご覧いただけます。

取扱ファンド一覧

すでに「らくらくe投信」のログインIDをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

ログインIDをお持ちの方

窓口ではさらに詳しいご説明をいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

店頭でのご相談

商品についての詳しい資料をご用意しております。ご請求はこちらからどうぞ。

資料請求
以上でこのページのコンテンツは終了です