ここからページのコンテンツです

教えて!サギン先生 為替ヘッジとはどんなもの?

教えて!サギン先生 投資信託の基礎知識を解説

為替ヘッジってなんだろう?(平成24年9月6日配信)

サギン先生

こんにちは!サギンです。

先生、今日もよろしくお願いします。

シンタくん
サギン先生

今日は最近、投資信託で流行っている、為替ヘッジについて勉強してみよう。

先生!為替についてはわかりますが、ヘッジってなんですか?

シンタくん
サギン先生

いい質問だね。ヘッジというのは、リスクを減少させるためにとられる行動のことだよ。そして為替ヘッジは、外貨建資産へ投資する場合に、為替相場の変動による差損を回避するため、外国為替の売予約、先物取引等を利用することによって、為替変動リスクを回避することをいうんだ。

為替相場を予想するのは難しいし、為替リスクを負わないで日本より高い金利の国に投資できたらいいんですね。

シンタくん
サギン先生

そうとも言えないよ。為替ヘッジには、ヘッジコストがかかるんだ。

へー。それじゃ、高い金利の国に投資してもコストがかかったら意味ないですね。

シンタくん
サギン先生

そういうことだよ。そこまで考えて投資する必要があるね!
それでは、ヘッジコストについて説明しよう。

お願いします。

シンタくん
サギン先生

ヘッジコストとは、為替ヘッジを行う通貨の金利と円の金利の差で、米国ドル建ての資産に対して為替ヘッジを行う場合、日米の金利差がヘッジコストとなるんだ。

そうなんですね。

シンタくん
サギン先生

たとえば為替が1米ドル=100円だとして、1年の円金利が1%、米ドルの金利が3%だとすれば、1年後の為替レートの予約は1米ドル≒98.06円で現在の為替レートと為替予約水準の差1米ドル≒1.94円(約2%)が為替ヘッジコストなんだよ。

今は、日米の金利差が小さいと聞いたことがありますが。。

シンタくん
サギン先生

米国は2008年9月リーマンショック以降、金融緩和政策を行ってきた。その影響から金利は低下して、今では日米金利差はほとんど無いと言われているんだ。
要するに、ヘッジコストが少ないということになるね。
こういう時期に為替リスクを回避しながら投資資産の利子や値動きを享受する投資の仕方もあるんだよ。

先生!僕、為替ヘッジする投資信託について調べてみます。

シンタくん
このページの先頭へ


為替ヘッジ:外貨建資産へ投資する場合に、為替相場の変動による差損を回避するため、外国為替の売予約、先物取引等を利用することによって、為替変動リスクを回避すること。
為替ヘッジには、ヘッジコスト(為替ヘッジを行う通貨の金利と円の金利の差)がかかるため、そこを踏まえて投資する必要があります。
このコンテンツは「らくらくe投信」をご利用いただいているお客さまに定期的に配信しているメールマガジンに掲載している「教えてサギン先生!」をもとに制作したものです。メールマガジンの購読には「らくらくe投信」のお申込みが必要です。→新規お申込みはこちらこれから「らくらくe投信」にお申込みの方は、こちらからサービス利用申込みができます。

ほかの記事を見る

投資信託の基礎知識   投資信託の選び方・運用方法

知っておきたい経済ワード   NISA(ニーサ)を活用してみよう


投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」

インターネットで投資信託の購入や解約、お取引照会のサービスなどが24時間365日いつでもご利用いただけます。 投資信託のお取引口座を開設していただくことも可能です。

投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」


佐賀銀行の普通口座をお持ちですか?

取扱ファンド一覧はこちらからご覧いただけます。

取扱ファンド一覧

すでに「らくらくe投信」のログインIDをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

ログインIDをお持ちの方

窓口ではさらに詳しいご説明をいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

店頭でのご相談

商品についての詳しい資料をご用意しております。ご請求はこちらからどうぞ。

資料請求
以上でこのページのコンテンツは終了です