ここからページのコンテンツです

教えて!サギン先生 購入手数料とはどんなもの?

教えて!サギン先生 投資信託の基礎知識を解説

投資信託にかかるコストってなんだろう?その1【購入手数料】

こんにちは!サギン先生、よろしくお願いします。

シンタくん
サギン先生

こんにちは!シンタくん。4月に入り気分も新たにがんばろう!
世の中でも新生活がスタートする人も多いだろうしね。

新社会人や新入学、新たに習い事もスタートする人がいるでしょうね。
投資信託も4月から新しく始める人がいるかも知れませんね。

シンタくん
サギン先生

そうだね。特に新社会人には資産運用の計画を立ててもらいたいものだね。

サギン先生

では、投資信託を始めるにあたって知っておきたい“投資信託にかかるコスト”について勉強してみよう。

コストか・・・。あんまり考えたことなかったな。

シンタくん
サギン先生

投資信託にはいろいろなコストがかかるんだ。
たとえば、シンタくんがスポーツジムに通うとき、まず入会金、年会費、途中でやめる時は退会手数料がかかるよね。

はい

シンタくん
サギン先生

投資信託も
購入時の“購入手数料”
運用期間中の“信託報酬”
換金時の“信託財産留保額”や“解約手数料”
などがあるのだよ。

なるほど・・・そうなんだ。

シンタくん
サギン先生

そこで、今回は最初に必要な“購入手数料”について勉強しようか。

はい!スポーツジムでいう“入会金”の部分ですね。

シンタくん
サギン先生

投資信託の販売にかかる手数料のことで、“申込手数料”とか“販売手数料”とも言われ、ファンドの商品説明や販売事務手続きの対価として販売会社に支払われるのだよ

ファンドの種類によって違うのだけど、ノーロードといわれる手数料が無料のものから~だいたい4%ぐらいのものまでさまざまなんだよ。

へえー!もしかして購入手数料の違いは、ファンドの運用成績と関係があるのですか?

シンタくん
サギン先生

いやいや、ファンドの運用成績には関係しないよ。

では、どうして差がでるのですか?

シンタくん
サギン先生

それはね、株価や為替等の指数に連動させ運用しているファンドは比較的手数料は低めで、運用担当者の相場観や考え方が反映されるファンドは比較的高い傾向にあるんだよ。

ふむふむ・・・

シンタくん
サギン先生

運用方法が複雑なファンドは商品性を説明するためにたくさんの情報を必要とするから、販売する人は購入する人に理解してもらうように説明しなければならない。その手間が購入手数料の差になるともいえるね。

そういうことなんですね。
ファンド選びのときのファンドの情報は確かに大切ですね。

情報提供やファンドの商品説明、事務手続き等の対価が購入手数料なら納得です。よくわかりました。

シンタくん
このページの先頭へ


投資信託の「購入手数料」は、ファンドの商品説明や販売事務手続きの対価として販売会社に支払われるものです。
ノーロードという手数料無料のものから4%くらいのものまでさまざまですが、一般的に、株価や為替等の指数に連動させて運用しているファンドは低め、運用担当者の相場観や考え方が反映されるファンドは比較的高めになる傾向があります。
ファンドの運用成績とは関係がありません。
このコンテンツは「らくらくe投信」をご利用いただいているお客さまに配信しましたメールマガジンに掲載している「教えてサギン先生!」をもとに制作したものです。

ほかの記事を見る

投資信託の基礎知識   投資信託の選び方・運用方法

知っておきたい経済ワード   NISA(ニーサ)を活用してみよう


投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」

インターネットで投資信託の購入や解約、お取引照会のサービスなどが24時間365日いつでもご利用いただけます。 投資信託のお取引口座を開設していただくことも可能です。

投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」


佐賀銀行の普通口座をお持ちですか?

取扱ファンド一覧はこちらからご覧いただけます。

取扱ファンド一覧

すでに「らくらくe投信」のログインIDをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

ログインIDをお持ちの方

窓口ではさらに詳しいご説明をいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

店頭でのご相談

商品についての詳しい資料をご用意しております。ご請求はこちらからどうぞ。

資料請求
以上でこのページのコンテンツは終了です