ここからページのコンテンツです

教えて!サギン先生 ファンドの見直しに目論見書を活用してみよう

教えて!サギン先生 投資信託の選び方・運用方法について学ぼう

ファンドの見直しに目論見書を活用してみよう(平成28年11月16日配信)

先生、こんにちは。今日はファンドの見直しのポイントとして“商品をよく知る”ために、目論見書についてもう一度勉強するんでしたよね!

シンタくん
サギン先生

そうだったね、シンタくん。今日は意気込みが違うね。
感心だよ。

僕が持っているファンドの目論見書を準備してきました。
目論見書はファンドの詳細画面から簡単にダウンロードできました。

シンタくん
サギン先生

準備万端だね。

先生、目論見書のどこを重点的に見ればいいのですか?

シンタくん
サギン先生

まあまあ、そうあせらないで。
ポイントを押さえながら見ていこうか。

はい、お願いします!

シンタくん
サギン先生

まず、目論見書の表紙(ファンドによっては表紙裏)だけでも、そのファンドのおおまかな概要が分かるようになっているね。

『商品分類』や『属性区分』には、投資対象地域や投資資産、決算頻度、投資形態、為替ヘッジの有無などが記載されているんだ。

そうですね。
でも、これだけでは商品の比較まではできませんよね。

シンタくん
サギン先生

そうだね。そこで一つ目のポイントとなるのが『ファンドの目的・特色』だよ。

ここでは、ファンドがどの国や地域のどんな資産に投資しているのか、どのようにして運用収益を上げるのかが書かれているよ。

それが環境の変化からどんな影響を受けるのかを考えることが必要だよ。

たとえば、アメリカに投資しているファンドはアメリカの影響を受けるとか、
日本株式中心に投資しているファンドは、株価の動きに影響を受ける、ってことですか。

シンタくん
サギン先生

そういうことだね。ファンドは、さまざまな環境の変化に影響を受けるので、ファンドの内容をしっかり理解しておかないとね。

そういえば、先日のアメリカ大統領選挙の時には、一時的とはいえ日本株が下がって、為替は円高になったりして、ちょっと心配しました。

もし、この状態が続いたとしたら、影響を受けるファンドが出たかもしれない、ってことですね。

シンタくん
サギン先生

さすが、シンタくん。勉強しているだけあって、いいところに気づいたね。

保有ファンドの投資方針をきちんと理解しておけば、いろいろな環境の変化があっても、影響の大きさを予測することもできるだろう

そうか、だから“商品をよく知る”ことは大切なことなんですね。

シンタくん
サギン先生

その通りだよ。“商品をよく知る”ことで、ファンドが値下がりした場合にどこまでなら許容できるか、という自分の判断基準を持っておけるからね。

はい!ぼくも自分の判断基準を持っておきたいと思っていますので、今度、教えてください。

シンタくん
サギン先生

では、次回は運用実績とリスクについて、目論見書や運用会社の運用レポートを見て勉強してみよう。

はい!持っているファンドの運用実績は、とっても気になります。先生、楽しみにしています!

シンタくん
このページの先頭へ


持っているファンドを見直すときには、目論見書でファンドについて再確認しましょう。まずは表紙のファンド概要をチェック。次に、『商品分類』や『属性区分』で投資対象地域や投資資産、決算頻度、投資形態、為替ヘッジの有無などを確認し、『ファンドの目的・特色』でどの国や地域のどんな資産に投資しているのか、どのようにして運用収益を上げるのかを見てみましょう。環境の変化による影響の大きさを予測できるよう、保有ファンドの投資方針を理解しておくことが大切です。
このコンテンツは「らくらくe投信」をご利用いただいているお客さまに定期的に配信しているメールマガジンに掲載している「教えてサギン先生!」をもとに制作したものです。メールマガジンの購読には「らくらくe投信」のお申込みが必要です。→新規お申込みはこちらこれから「らくらくe投信」にお申込みの方は、こちらからサービス利用申込みができます。

ほかの記事を見る

投資信託の基礎知識   投資信託の選び方・運用方法

知っておきたい経済ワード   NISA(ニーサ)を活用してみよう


投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」

インターネットで投資信託の購入や解約、お取引照会のサービスなどが24時間365日いつでもご利用いただけます。 投資信託のお取引口座を開設していただくことも可能です。

投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」


佐賀銀行の普通口座をお持ちですか?

取扱ファンド一覧はこちらからご覧いただけます。

取扱ファンド一覧

すでに「らくらくe投信」のログインIDをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

ログインIDをお持ちの方

窓口ではさらに詳しいご説明をいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

店頭でのご相談

商品についての詳しい資料をご用意しております。ご請求はこちらからどうぞ。

資料請求
以上でこのページのコンテンツは終了です