ここからページのコンテンツです

教えて!サギン先生 運用目的を決めて適切なファンドを選ぼう

教えて!サギン先生 投資信託の選び方・運用方法について学ぼう

運用目的を決めて適切なファンドを選ぼう(平成29年10月30日配信)

サギン先生

やあ、シンタくん。
何やら難しい顔をしているけど、どうしたのかな?

これまで、投資信託のファンド分類やそれぞれの特徴について、学んできましたよね。

シンタくん
サギン先生

そうだね。

でも、いざファンドを選ぼうとすると、どのファンドをどう組み合わせればいいか、迷ってしまうんです。

シンタくん
サギン先生

そもそも、シンタくんが資産運用をする目的って何かな?

資産運用の目的と言われても・・・。
僕たちの世代は年金に不安があるって言われているから、今のうちからお金を増やさないといけないかな、と思うくらいで、今はその程度しか考えていないです。

シンタくん
サギン先生

最初はそれくらいの意識でもいいと思うよ。

投資を考えるときは、まず“運用目的”を明確にして、『いつまでに』『どのくらいのお金が必要か』を考えるんだ。

目標をあらかじめ設定しておくことで、投資期間や受け入れられるリスクの大きさなどの目安ができるからね。

例えば、僕のように老後の備えが目的となると、どうなるのですか?

シンタくん
サギン先生

シンタくんはまだ若いので、資金が必要となるのはだいぶ先のことだから、投資期間は超長期となるね。

そうすると、短期的なリスクはあっても長期的なリターンが見込めるものなどを、投資対象に考えてもいいんじゃないかな。

目標とするリターンが決まれば、それが達成できるようにファンドを選ぶわけだけど、リスクを分散するためにも、複数のファンドをリスク度合いを考えながら組み合わせていくといいと思うよ。

なるほど。

シンタくん
サギン先生

こんな風に、目標を決めると、どのタイプの投資信託にどのくらい投資するのか、考えやすくなるよ。

投資する資金のことも考える必要がありますよね。

シンタくん
サギン先生

そうだよ。
投資にどれだけの資金を回すことができるのか、自分なりの資産配分を考えておくことは大切だよ。

資産状況で、自分が受け入れられるリスクの大きさも決まってくるからね。

リスク許容度のことですね。

シンタくん

★教えて!サギン先生 バックナンバー
 「自分のリスク許容度を考えておこう」
  https://www.sagabank.co.jp/unyou/toushin/saginsensei/vol51.html

サギン先生

その通り。
だから、“運用目的”と“リスク許容度”を意識しながら、ファンドの組み合わせを考えることが大切になるんだよ。

そうですね。
ぼくも自分の将来のことを考えながら目的をもって投資について考えてみます!

シンタくん

★これまでに学んだファンドの分類や特徴についてはこちら

教えて!サギン先生 バックナンバー
「ファンドの分類を確認しておこう」
  https://www.sagabank.co.jp/unyou/toushin/saginsensei/vol53.html

「国内株式と海外株式の魅力とリスク」
  https://www.sagabank.co.jp/unyou/toushin/saginsensei/vol54.html

「債券投資の魅力とリスク」
  https://www.sagabank.co.jp/unyou/toushin/saginsensei/vol55.html

「リート(REIT)ファンドの魅力とリスク」
  https://www.sagabank.co.jp/unyou/toushin/saginsensei/vol56.html

「バランスファンドの魅力とリスク」
  https://www.sagabank.co.jp/unyou/toushin/saginsensei/vol57.html


このページの先頭へ


資産運用ではファンドの組み合わせが大切ですが、いきなりファンドを選ぶのは難しいものです。投資を考える際に必要なのは、“運用目的”と“リスク許容度”を意識すること。運用目的を決めることで、投資期間や受け入れられるリスクの大きさの目安ができます。これに加えて、投資にどれだけの資金を回せるかによって、実際にどれくらいのリスクを受け入れられるか、つまりリスク許容度が決まってきます。このリスク許容度の範囲内で、運用目的に合ったファンドの組み合わせを考えることが大切です。
このコンテンツは「らくらくe投信」をご利用いただいているお客さまに定期的に配信しているメールマガジンに掲載している「教えてサギン先生!」をもとに制作したものです。メールマガジンの購読には「らくらくe投信」のお申込みが必要です。→新規お申込みはこちらこれから「らくらくe投信」にお申込みの方は、こちらからサービス利用申込みができます。

ほかの記事を見る

投資信託の基礎知識   投資信託の選び方・運用方法

知っておきたい経済ワード   NISA(ニーサ)を活用してみよう


投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」

インターネットで投資信託の購入や解約、お取引照会のサービスなどが24時間365日いつでもご利用いただけます。 投資信託のお取引口座を開設していただくことも可能です。

投資信託インターネットサービス「らくらくe投信」


佐賀銀行の普通口座をお持ちですか?

取扱ファンド一覧はこちらからご覧いただけます。

取扱ファンド一覧

すでに「らくらくe投信」のログインIDをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

ログインIDをお持ちの方

窓口ではさらに詳しいご説明をいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

店頭でのご相談

商品についての詳しい資料をご用意しております。ご請求はこちらからどうぞ。

資料請求
以上でこのページのコンテンツは終了です