ここからページのコンテンツです

私募債

さぎんではお客さまの私募債発行による資金調達をサポートするためのアドバイス、管理受託業務等のサービスを行っています。

私募債とは

私募債とは、非公募債あるいは縁故債とも呼ばれており、公募債(証券会社を通じ広く一般に募集されるもの)とは異なり、 少数の特定先が直接引き受けることによって発行される社債ですが、その法律上の性格は公募債と何ら変わるところはありません。 近年、企業の資金調達のパイプを太くするため、資金調達の多様化が進められていますが、私募債発行はこうした多様化の一環として、多くの企業で利用されています。

私募債発行のメリット

1.資金調達手段の多様化

私募債は銀行借入とは異なり、資本市場からの直接調達の一形態であることから、金融環境に応じた資金調達が可能となります。 非上場等により、公募増資・公募債による資金調達ができない企業にとって有力な資金調達手段です。 また、将来的に株式公開や公募債での調達を展望しているお客さまにとって、直接調達の第一歩として私募債を発行されています。

2.固定・低利調達

私募債は固定金利での長期資金の調達であり、発行時点で調達コストを確定させることができるため、資金計画を立案しやすく、財務の安定化につながります。

3.IR効果(PR効果)

私募債は一定の条件をクリアされたお客さまを対象としており、私募債発行を通じて自社の財務内容の優良性や信用力の高さを対外的にアピールすることが可能です。

4.手続きは簡単

私募債発行の場合は、公募債と異なり有価証券届出書等の作成は不要です。また、発行は少数特定者の間でなされるため、手続きは非常に簡単です。